お知らせ

湯豆腐句会は、終了しましたが、当分の間、過去の披講は残します。

皆さんの今までの俳句は、「過去の披講」にあります。「過去の披講」を残しておいて欲しいとの声がありますので、2022年も当分はこのままに致します。